• 果菜類

  • オクラ

    Okra

  • オクラ
  • 栽培のポイント

    発芽温度や生育温度が高いので暖かくなってからタネまきを行ってください。直播とポットまき移植栽培両方が可能です。
    タネが非常に硬く吸水しにくいので、1昼夜水に浸けてからタネまきをすると発芽しやすくなります。
    高温には強い性質がありますが、低温には弱く生育が鈍ります。
    乾燥には強いですが、良質のものを収穫する時は灌水も必要です。

    発芽温度や生育温度が高いので暖かくなってからタネまきを行ってください。直播とポットまき移植栽培両方が可能です。 タネが非常に硬く吸水しにくいので、1昼夜水に浸けてからタネまきをすると発芽しやすくなります。 高温には強い性質がありますが、低温には弱く生育が鈍ります。 乾燥には強いですが、良質のものを収穫する時は灌水も必要です。

    • 発芽適温

      25~30℃

    • 生育適温

      20~30℃

    • 土壌適応性

      ph6.0~6.5

    • 輪作年限

      2~4年

    オクラの栽培表

1.畑の準備

植え付けの2週間前位に堆肥と石灰、油粕・化成肥料等を散布し、よく深耕しておきます。
肥料は根を作るために堆肥を十分に混ぜ込んでください。
生育期間が長いので、元肥はしっかり施してください。

2.タネまき

タネまきの2~3日前に予め70cm幅で穴の間隔が30cmのマルチを敷いておきます。
地温が低い(10℃以下になると発芽しない)と発芽不良を引き起こしやすく、初期生育が遅くなり苗立ち枯れ病の被害が増えます。



タネは1穴に2~3粒程度まき、土をかけたら上から軽く手で押さえます。

3.管理

発芽後は間引きはしないでそのまま育てます。



1番果が大きくなった頃より2週間に1回程度追肥を行います。



葉が込み入ってきたら着莢の下1枚を残して摘葉を行います。

4.収穫

五角オクラでは莢が7cm前後で、丸莢オクラは10cm程度になったら収穫してください。
採り遅れは実がかたくなるなど、品質の低下につながります。



通販サイトはこちらから

通販サイトを見る

おススメ野菜別の詳しい育て方


  • ブロッコリー

    土質に対する適応性は極めて広く、弱酸性から中性でよく生育します。

  • 落花生(らっかせい)

    多日照を好み、15~25℃の気温でよく育ち、15℃以下では生育しなくなりますの…

  • インゲン

    温暖な気候を好みます。低温下での発芽不良を起こす時がありますので注意してくださ…

  • 葉大根(はだいこん)

    タネまきから収穫までの期間が短く、プランター等でも簡単に栽培することができます…