• 葉茎菜類

  • ブロッコリー

    Broccoli

  • ブロッコリー
  • 栽培のポイント

    土質に対する適応性は極めて広く、弱酸性から中性でよく生育します。
    酸性土でも生育しますが、根こぶ病が発生しやすくなりますで、発生地域では必ず石灰で中和し、殺菌剤を散布してから栽培を行うとよいでしょう。
    夏まきでタネまきから収穫まで早生種で100日程度、中生種で120日程度必要とします。
    比較的耐暑・耐寒性はありますが、株の生育には温暖な気候が望ましい。
    主枝に大きな花蕾がつく一般的なブロッコリーの他に、側枝に小さな花蕾が多くつく茎ブロッコリーが育てやすく長く収穫出来ます。

    土質に対する適応性は極めて広く、弱酸性から中性でよく生育します。 酸性土でも生育しますが、根こぶ病が発生しやすくなりますで、発生地域では必ず石灰で中和し、殺菌剤を散布してから栽培を行うとよいでしょう。 夏まきでタネまきから収穫まで早生種で100日程度、中生種で120日程度必要とします。 比較的耐暑・耐寒性はありますが、株の生育には温暖な気候が望ましい。 主枝に大きな花蕾がつく一般的なブロッコリーの他に、側枝に小さな花蕾が多くつく茎ブロッコリーが育てやすく長く収穫出来ます。

    • 発芽適温

      20~25℃

    • 生育適温

      15~20℃

    • 土壌適応性

      ph5.5~7.0

    • 輪作年限

      2年

    ブロッコリーの栽培表

1.畑の準備

植え付けの2週間前位に堆肥と石灰、油粕等を散布し、よく深耕しておきます。
水はけの悪い畑では高畝にしてください。

2.タネまき

連結ポットやセルトレイにタネまき用培土を入れ、土を湿らせてから1ヶ所にタネを3~5粒まきます。
覆土はタネがかくれる程度薄くし、軽く上から押さえます。



本葉が2~3枚になったら2本に間引きを行います。
高温期では、風通しの良いところでの育苗を心がけ、昇温対策に努めてください。

3.定植

本葉が5枚前後になったら、株間35~40㎝、条間45~50㎝に植え付けます。
植え付けの後、たっぷりと灌水を行ってください。必要ならば粒剤の殺虫剤をまきます。
根が活着したら1本に間引きを行います。

4.管理

定植後、害虫から守るために防虫ネットや不織布でトンネルをかけたり、べた掛けをするとよいでしょう。



隣の苗の葉が触れ合うようになった頃、株の間に化成肥料を散布し軽く土寄せをします。



さらに生長点に小さな蕾が見える頃、畝の両側に2回目の追肥を行い土寄せをします。

5.収穫

花蕾の大きさが直径で約12㎝前後になった頃が収穫の適期です。
側花蕾は余り大きくしないで収穫します。収穫が遅れると花蕾が変形していくので注意してください。



茎ブロッコリーは、早めに頂花蕾を摘み取ると次々に側花蕾が伸びてくるので、花蕾が100円玉程度の時に、長さ15cm程度茎をつけて収穫します。
よい側花蕾を取るには追肥をしてください。

通販サイトはこちらから

通販サイトを見る

おススメ野菜別の詳しい育て方