• 豆類

  • 落花生(らっかせい)

    Peanut

  • 落花生(らっかせい)
  • 栽培のポイント

    多日照を好み、15~25℃の気温でよく育ち、15℃以下では生育しなくなりますので、冷涼地では注意が必要です。
    子房柄が伸び地中に潜って結実するので、粘土質の畑ではうまく育ちません。軽い火山灰土や砂質土が適します。
    子房柄が土の中に潜りやすくなるように、しっかりと土寄せをしてください。
    子実の肥大にはカルシウムが必須なので石灰を多めに施します。

    多日照を好み、15~25℃の気温でよく育ち、15℃以下では生育しなくなりますので、冷涼地では注意が必要です。 子房柄が伸び地中に潜って結実するので、粘土質の畑ではうまく育ちません。軽い火山灰土や砂質土が適します。 子房柄が土の中に潜りやすくなるように、しっかりと土寄せをしてください。 子実の肥大にはカルシウムが必須なので石灰を多めに施します。

    • 発芽適温

      20~25℃

    • 生育適温

      15~25℃

    • 土壌適応性

      ph6.0~6.5

    • 輪作年限

      2~3年

    落花生(らっかせい)の栽培表

1.畑の準備

植え付けの2週間前位に堆肥と石灰、油粕・化成肥料等を散布し、よく深耕しておきます。
肥料は根を作るために堆肥を十分に混ぜ込んでください。
豆類はチッソ肥料が多いと茎や葉の成長は良くなりますが、花が咲かなかったり実がつかなかったりしますので、控えめにしてください。

2.タネまき

ビニールポットにタネをまき本葉3~4枚までに定植をします。





直播の場合は、株間30cmくらいにタネを2~3粒まき、2cmくらい覆土を行います。
発芽後、3~4枚までに1株に間引きます。
鳥による食害があるので、本葉が出て草丈10cm程度までは鳥よけネットや寒冷紗などで防除してください。

3.定植

本葉3~4枚のころ、株間30cmくらいに定植を行います。

4.管理

マルチは開花始めに取り除きます。
追肥は畝全体に行い、軽く耕してから株元に土寄せをします。





その後子房柄が土の中にたくさんもぐるようになったら再度土寄せをします。

5.収穫

未熟収穫(ゆで落花生)
茎や葉の黄ばみ、一部下葉の枯れ始めたら試し掘りをしておおむね肥大していたら収穫できます。



完熟収穫(煎り落花生)
かなり下葉が枯れ始めたらサヤの網目がはっきりし子実は完熟していきますので保存用に収穫します。
数日間日干しし、株をゆすりカラカラと音がするようになったら終了です。

通販サイトはこちらから

通販サイトを見る

おススメ野菜別の詳しい育て方


  • ナス

    発芽温度が高いので低温期のタネまきは加温して発芽させます。
    連…

  • ゴーヤ

    比較的栽培は容易で、病害虫による被害の少ない野菜ですが、低温に弱いので夏場の栽…

  • 小松菜(こまつな)

    土質に対する適応性は広く、弱酸性でよく生育します。
    適期にタネま…

  • きゅうり

    キュウリの根は酸素の要求度が大きい植物で、比較的浅い所に根が張ります。