• 葉菜類

  • チンゲンサイ

    Bok choy

  • チンゲンサイ
  • 栽培のポイント

    土質に対する適応性は広く、弱酸性から中性でよく生育します。
    適期にタネまきを行いますと、タネまき後、50日前後から収穫ができます。
    ミニチンゲン菜では30日前後から収穫が出来ます。ハウスやトンネルを使いますと1年中栽培が可能になります。
    収穫が遅れると葉柄の部分の筋が固くなりますので、収穫適期を守ってください。

    土質に対する適応性は広く、弱酸性から中性でよく生育します。 適期にタネまきを行いますと、タネまき後、50日前後から収穫ができます。 ミニチンゲン菜では30日前後から収穫が出来ます。ハウスやトンネルを使いますと1年中栽培が可能になります。 収穫が遅れると葉柄の部分の筋が固くなりますので、収穫適期を守ってください。

    • 発芽適温

      20~25℃

    • 生育適温

      15~20℃

    • 土壌適応性

      ph5.5~6.5

    • 輪作年限

      1年

    チンゲンサイの栽培表

1.畑の準備

植え付けの2週間前位に堆肥と石灰、油粕・化成肥料等を散布し、よく混ぜておきます。
肥料は生育期間が短いですので、元肥中心に与えてください。

2.タネまき

高さ10㎝、幅90㎝程度のベットを作り、20~25㎝間隔で棒などを使い溝を作ります。
タネはまき溝に薄くまき、土をかけ、軽く上から押さえます。
土が乾燥しているようならばたっぷりと水をかけてください。



穴の間隔が15~20㎝程度のマルチを使い、1穴に3~5粒まきを行ってもよいでしょう。
マルチを使わず、株間15㎝、条間15㎝に4~5粒まきの点まきでもよい。
セルトレイにタネをまき、本葉が3~4枚の頃、植え付けても大丈夫です。

3.管理

タネまき後、害虫から守るために防虫ネットや不織布でトンネルをかけたり、べた掛けをするとよいでしょう。



タネが生え揃ったら間引きを行いますが、1回目は4~5㎝間隔で間引きします。



2回目は本葉が4~5枚前後の頃、15~20㎝間隔に間引きを行います。
生育後半の肥料切れが心配な時は、条間に化成肥料を追肥しても良いでしょう。

4.収穫

草丈が20~25㎝程度で、十分にお尻が張ったものから収穫になります。
地際からはさみで切って収穫したり、株ごと引き抜いてから根を切り収穫をします。



通販サイトはこちらから

通販サイトを見る

おススメ野菜別の詳しい育て方


  • きゅうり

    キュウリの根は酸素の要求度が大きい植物で、比較的浅い所に根が張ります。

  • 白菜(はくさい)

    土質に対する適応性は広く、弱酸性から中性でよく生育します。
    酸性…

  • トマト

    作障害が起こりやすいので、トマトを植えてから3~4年間は、同じ場所でナス科の野…

  • ブロッコリー

    土質に対する適応性は極めて広く、弱酸性から中性でよく生育します。